So-net無料ブログ作成

このブログについて

もしもドロップシッピング用にもしもAPIを使ったシステムで、一瞬にしてサイトを構築できる「Almighty for もしも」を手に入れることができました。

Almighty for もしも公式サイト


このシステムは、そのままで、もしもの全商品のページが用意されているのと同じなので、PPCを使って、すぐに販売開始できます。もしもAPIを使っているので、もしもに商品入荷した時点から販売ができます。

さらに、自由度が高く、扱う人のレベルに合わせて様々なことができます。
このブログでは、いろいろ出来るという「いろいろ」を紹介していきたいと思います。

ファイルを編集するのに使うエディタ [注意事項]

「Almighty for もしも」のphpファイルはUTF-8で作成されています。変更する場合は、UTF-8に対応したエディタを使う必要があります。(拡張子がphpのファイルが、これにあたります。拡張子がhtmlのテンプレートファイルは、Windowsなどでよく使われているShift JISで作成されています。)

しかも、UTF-8といっても、ファイルの先頭にUTF-8を示すコードBOM(Byte Order Mark)を入れるBOM付きと、それをつけないBOM無しがあります。(本来BOMは、バイト単位の並び順を示すもので、16ビットや32ビットのUTFで意味があるもので、UTF-8では、UTF-8であることを示す以外の意味はない)

Almighty for もしものファイルはBOM無しです、UTF-8でもBOM無しを扱えるものを使ってください。

具体的に言うと

×
Windowsのメモ帳のUTF-8は、BOM付きです。


TeraPadでは、BOM付きをUTF-8、BOM無しをUTF-8Nと区別しています。
CrescentEve、秀丸、Dreamweaverは、BOMなしのようです。
よろしかったら、ランキングに参加していますのでぽちっと、お願いします
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ
タグ:UTF-8 BOM
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。